スポンサードリンク
Entry: main  << >>
主婦層に人気のプチ稼ぎ情報 〜テープ起こし〜
最近、主婦の間でパソコンを使ったプチ稼ぎが人気を集めているようです。その代表格がテープ起こしと呼ばれる在宅ワークです。

テープ起こしとは、別名テープリライター或いはトランスクライバーとも呼ばれるもので、講演会や雑誌等のインタビュー、会議議事録など、音声や映像の情報を文字データにする仕事となっています。また最近では外国語のテープ起こしの需要も高いということです。

音声の素材は、元来はカセットテープやビデオテープを使用することが多かった為、テープリライターという職業名が付いていますが、最近では音声ファイルをインターネットでダウンロードするというものが多くなっているようで、パソコンとインターネットに繋がる環境さえあれば気軽に出来る在宅ワークということで人気を集めているということです。

お仕事にかかる時間は、個人差は勿論ありますが、慣れている方でも1時間分当たり5時間を要するということです。慣れていなければ、10時間程度かかることもあります。
報酬はまた仕事の内容(1本当たりの時間)によりますが、1本の仕事で1万円前後になるようです。慣れている人で、一日に2〜3時間の作業で月額3万円程度、時間に余裕がある人では10万円以上稼ぐ主婦の方も少なからずいらっしゃるとか。

このテープ起こしの仕事をするために特別な資格などは必要なく、その意味でも手軽に始められる在宅ワークだと言えるのではないでしょうか。ただしある程度の文章力や、言葉の類推力が必要となるのは言うまでもないかもしれません。国語辞典も必携でしょう。

お仕事は、新聞社や出版社、広告代理店などから直接依頼されるケースもあるそうですが、通信教育などの終了時に紹介される専門会社に登録するのが近道だと言えそうです。
一度「文字起こし」「テープリライター」「トランスクライバー」などのキーワードで検索してみてはいかがでしょうか。

 
スポンサードリンク
| - | - | trackbacks(0) | この記事のURL |
Trackback