スポンサードリンク
Entry: main  << >>
初期費用がかかる在宅ワーク?

在宅ワークとして募集している仕事の中には、登録が有料であったり、有料のスキルチェックが必要であったり、パソコンや周辺機器を購入させられたり、必要な資格を取得するために有料の講座を受けさせたりといったかたちでお金を取ることを目的とした商法がありますので気をつけてください。
在宅ワーク商法とも呼ばれます。
在宅ワーク商法に騙されないためには、在宅ワークを始めるにあたって何かお金を取られるようであれば、その仕事は避けるようにした方が無難だといえます。
とにかく初期費用がかからないことを確かめてから在宅ワークを選ぶようにしましょう。
勿論資料請求も無料、サポートも無料のところが良いです。


在宅ワークを始めたいと思っている人の環境は、一般の求職者とは違う状況である場合が多いでしょう。例えば小さな子供が居たり、お年寄りや病人の介護が必要であったり。
そういう方はどうしても家を離れて仕事をすることが出来ない。でも少しでもお金を稼がなければならない。通常の仕事であれば、お金を払って仕事を始めるというのはおかしいと気がつくものですが、何とかして家庭で出来る仕事が欲しいということで必死であれば必死であるほど、高額の初期費用の請求に応じてしまうという傾向があるものです。
ですから在宅ワークをこれから始めようと考えている人は、初期費用がかかるかかからないかには十分に注意するようにしましょう。
仕事をスタートさせるのも無料であり、仕事の紹介料も無料のところを選ぶようにします。


このような例があるので紹介しておきます。
その人は仕事に出られない環境にあって、しかしどうしても収入を得る必要がありました。
一般の求職であれば、ハローワークへ通ったり、ネット上にも色々な求人情報がありますが、誰にでもできる在宅ワークはなかなか良い情報が見つかりません。それなりの高収入が貰える仕事は、特別な技能が必要なものばかりです。簡単に出来る仕事は報酬単価が低いものばかり。
焦って色々情報を仕入れる内に、誰にでも簡単に出来る仕事で、しかもなかなかの高収入を貰える在宅ワークを探しだしました。
やっと見つけた高収入の在宅ワーク、ここを逃したくないばかりに高額の登録料を支払ってしまいました。
登録直後には、それなりに仕事を貰えていました。しかし2ヶ月目にはほとんど仕事が来なくなります。これでは収入にならないと思い解約を申し出るも、連絡がつかなくなっています。
そのまま業務停止(?)。行方しれずのまま、報酬は貰えない、登録料も戻ってこないという状況。
ここで初めて詐欺であったことが判明しました。

内職ワークで楽しくお仕事しませんか?
スポンサードリンク
| 気をつけるべき在宅ワーク | - | trackbacks(0) | この記事のURL |
Trackback