スポンサードリンク
主婦層に人気のプチ稼ぎ情報 〜テープ起こし〜
最近、主婦の間でパソコンを使ったプチ稼ぎが人気を集めているようです。その代表格がテープ起こしと呼ばれる在宅ワークです。

テープ起こしとは、別名テープリライター或いはトランスクライバーとも呼ばれるもので、講演会や雑誌等のインタビュー、会議議事録など、音声や映像の情報を文字データにする仕事となっています。また最近では外国語のテープ起こしの需要も高いということです。

音声の素材は、元来はカセットテープやビデオテープを使用することが多かった為、テープリライターという職業名が付いていますが、最近では音声ファイルをインターネットでダウンロードするというものが多くなっているようで、パソコンとインターネットに繋がる環境さえあれば気軽に出来る在宅ワークということで人気を集めているということです。

お仕事にかかる時間は、個人差は勿論ありますが、慣れている方でも1時間分当たり5時間を要するということです。慣れていなければ、10時間程度かかることもあります。
報酬はまた仕事の内容(1本当たりの時間)によりますが、1本の仕事で1万円前後になるようです。慣れている人で、一日に2〜3時間の作業で月額3万円程度、時間に余裕がある人では10万円以上稼ぐ主婦の方も少なからずいらっしゃるとか。

このテープ起こしの仕事をするために特別な資格などは必要なく、その意味でも手軽に始められる在宅ワークだと言えるのではないでしょうか。ただしある程度の文章力や、言葉の類推力が必要となるのは言うまでもないかもしれません。国語辞典も必携でしょう。

お仕事は、新聞社や出版社、広告代理店などから直接依頼されるケースもあるそうですが、通信教育などの終了時に紹介される専門会社に登録するのが近道だと言えそうです。
一度「文字起こし」「テープリライター」「トランスクライバー」などのキーワードで検索してみてはいかがでしょうか。

 
スポンサードリンク
| - | - | trackbacks(0) | この記事のURL |
スポンサードリンク
在宅ワークの種類について

ここ数年、在宅ワークの種類はとても豊富になってきたように思います。
最近の不況もあり、副業としての在宅ワーカーが増えていることもありますが、在宅ワークに人気が集まっている理由のひとつは、色々な種類の在宅ワークがあるというところにあるのかもしれません。
種類が豊富であることで、自分のスキルに合った在宅ワークを選ぶことができるわけですから。


在宅ワークの種類が増えてきたのはここ数年のことですが、それらの豊富な在宅ワークを大きく二つに分けるとすれば、資格や技術が必要となる在宅ワーク、スキルや資格を必要としない在宅ワークの二つに分かれると思います。


特別な資格やスキルが必要なものとしては、翻訳の仕事、CADオペレーター、医療事務、テープライターといったものがあります。
逆に特に資格やスキルが必要でない在宅ワークとしては、データ入力アンケートモニターといったものが挙げられるでしょうか。


報酬については、やはり前者の資格や技術を必要とするものの方が高額のようです。
在宅ワークが増えていると書きましたが、実は資格を必要としない比較的簡単に出来る仕事が大きく数を伸ばしているのですが、報酬面で劣るというのはデメリットであるといえます。


人によっては、資格や技術が必要な在宅ワークを、それらの技術を勉強しながら取り組んでいるようです。
仕事をしながら技術を磨いていって、将来的に資格を取得して、本格的にその仕事を本職としていきたいということでしょう。

  内職ワークで楽しくお仕事しませんか?

スポンサードリンク
| 在宅ワーク関連知識 | - | trackbacks(0) | この記事のURL |
スポンサードリンク
モーニングコールの在宅ワーク

 世の中には色々な在宅ワークがあります。「えっ?そんな仕事があるの?」と驚くような在宅ワークも時々見かけます。
私自身最近まで知らなかった在宅ワークに「モーニングコール」という仕事があります。


朝に弱い人は多いものです。目覚ましだけではなかなか起きられない人も多くいます。そんな人で一人暮らしをしている人は、起こしてくれる人は誰もいませんのでこれは深刻な問題です。
そのような人にモーニングコールをかけてあげるという仕事があるわけです。これが結構ニーズのある仕事らしいのです。


在宅ワークとしてモーニングコールをかける仕事を探すのは簡単です。インターネットブラウザの検索窓や、ポータルサイトの検索窓に「在宅ワーク モーニングコール」と入力して検索することですぐに見つかります。


モーニングコールをかける時間帯には色々あるそうなのですが、やはり朝の6時〜8時というのが一番多いそうです。勿論お客さんに直接電話をかけることになります。
この仕事の報酬は時給換算すると900円くらいからだそうです。しかも毎日モーニングコールをかけた場合には皆勤手当てみたいなものが出るそうで、その場合1600円程度になることもあるということです。家に居ながら簡単な仕事でこれだけの収入になるのは結構おいしいかもしれません。


たださすがに募集している所は少なく、結構定員いっぱいであったりするらしく、その場合は欠員が出ない限りモーニングコールの在宅ワークは出来ないということになります。
それから場所も問題になります。例えば子供の声や生活音が電話越しに聞こえるような場所での作業は禁止されています。静かな部屋で集中してモーニングコールをかけられるような場所を確保しなければなりません。ですから小さなお子さんが居たり、朝に家事でバタバタする人には向いていないと思われます。


これを読んで驚いている人もいるかもしれませんね。私も驚きましたから。でも確かにモーニングコールをかけてくれる人が居て助かるという人は多いでしょうね。
実は私もこの話を聞いて、「ちょっとやってみようかな」と考えたのですが、結構朝は忙しい日があったりするので今のところはちょっと厳しいかな?と諦めています。でも機会があればやってみたいなとは思っています。



 
内職ワークで楽しくお仕事しませんか?

スポンサードリンク
| いろいろな在宅ワーク | - | trackbacks(0) | この記事のURL |
スポンサードリンク
在宅ワークの体験談を読む事の大切さ

もし何らかの在宅ワークを見つけて、始めてみようかな?と思っているのであれば、まずはその在宅ワークの体験談をチェックしておいた方がいいかもしれません。
在宅ワークの体験談を読んだり、聞いたりしていると、案外色々なことがわかるものです。
例えば思っていたよりも結構大変そうだったりするかもしれません。もしかすると抱いていたイメージとは違ってくることもあります。
在宅ワークの体験談には、実際にその在宅ワークを経験した人でないとわからない情報が書かれていたりするものです。
間違った在宅ワーク選びをしないためにも、体験談を読んだ上で、改めてその在宅ワークが自分が求めている仕事であるかを見つめなおすというプロセスを踏むのは大切なことです。


前記事で「在宅ワーク商法」を紹介しましたが、この「在宅ワーク商法」に引っかかってしまった人の体験談は特に参考になるでしょう。
簡単に「在宅ワーク商法」についてまとめてみますと、在宅ワークを始めるにあたって教材を買わせたり、有料の講座を受講させて何らかの資格を取らなければならないといった名目で高額の支払いをさせ、いざ準備が整ったときには、なかなか仕事をまわしてもらえない、収入にならないという状態が続き、その内に連絡すらとれなくなるといった詐欺の手口の商法のことです。
どうしても収入を得なければならないという、在宅ワークを探している人の心理状態も関係してか、この商法の被害者は後を絶ちません。
こういった手口に引っかからないためには、これから始めてみたいと考えている在宅ワークの体験談を読んでみることが一番だと思います。どんな在宅ワークの会社が危ないのか、具体的にどんな手口があるのかを知ることが出来るのも、在宅ワークの体験談を読むメリットとなるでしょう。
実は知人にもこの手口にひっかかったという人がいて、その人の被害は登録料の15000円と、最初はある程度仕事を貰っていたのですが、次第に仕事が少なくなり、遂には連絡が取れなくなったということで、2ヶ月分の報酬の振込みも無かったということです。
その人は、子供を抱えながら必死に作業していたので相当に悔しかったそうです。
在宅ワークを始める前に、在宅ワークの体験談や経験者のアドバイスを見て知ってさえいれば、と後悔していると言います。


結構参考になるサイトは、まず「ヤフー知恵袋」や「OKウェブ」などの質問ができるサイトです。
意外なところで「2ちゃんねる」に目を通してみるのも良いかもしれません。「2ちゃんねる」には本音で包み隠さず書き込んでいる人も少なくありませんのでとても参考になります。ただしここは「諸刃の剣」。おかしな情報に惑わされない慎重さも必要でしょう。
こういったところで得られる情報は被害話ばかりではありません。実際に在宅ワークをしながら、どんな1日を過ごしているのか、どうすれば子育てや介護との両立がうまくいくのか、といった情報も少なくありません。このメリットも大変大きいと思います。 

内職ワークで楽しくお仕事しませんか?
スポンサードリンク
| 在宅ワーク関連知識 | - | trackbacks(0) | この記事のURL |
スポンサードリンク
初期費用がかかる在宅ワーク?

在宅ワークとして募集している仕事の中には、登録が有料であったり、有料のスキルチェックが必要であったり、パソコンや周辺機器を購入させられたり、必要な資格を取得するために有料の講座を受けさせたりといったかたちでお金を取ることを目的とした商法がありますので気をつけてください。
在宅ワーク商法とも呼ばれます。
在宅ワーク商法に騙されないためには、在宅ワークを始めるにあたって何かお金を取られるようであれば、その仕事は避けるようにした方が無難だといえます。
とにかく初期費用がかからないことを確かめてから在宅ワークを選ぶようにしましょう。
勿論資料請求も無料、サポートも無料のところが良いです。


在宅ワークを始めたいと思っている人の環境は、一般の求職者とは違う状況である場合が多いでしょう。例えば小さな子供が居たり、お年寄りや病人の介護が必要であったり。
そういう方はどうしても家を離れて仕事をすることが出来ない。でも少しでもお金を稼がなければならない。通常の仕事であれば、お金を払って仕事を始めるというのはおかしいと気がつくものですが、何とかして家庭で出来る仕事が欲しいということで必死であれば必死であるほど、高額の初期費用の請求に応じてしまうという傾向があるものです。
ですから在宅ワークをこれから始めようと考えている人は、初期費用がかかるかかからないかには十分に注意するようにしましょう。
仕事をスタートさせるのも無料であり、仕事の紹介料も無料のところを選ぶようにします。


このような例があるので紹介しておきます。
その人は仕事に出られない環境にあって、しかしどうしても収入を得る必要がありました。
一般の求職であれば、ハローワークへ通ったり、ネット上にも色々な求人情報がありますが、誰にでもできる在宅ワークはなかなか良い情報が見つかりません。それなりの高収入が貰える仕事は、特別な技能が必要なものばかりです。簡単に出来る仕事は報酬単価が低いものばかり。
焦って色々情報を仕入れる内に、誰にでも簡単に出来る仕事で、しかもなかなかの高収入を貰える在宅ワークを探しだしました。
やっと見つけた高収入の在宅ワーク、ここを逃したくないばかりに高額の登録料を支払ってしまいました。
登録直後には、それなりに仕事を貰えていました。しかし2ヶ月目にはほとんど仕事が来なくなります。これでは収入にならないと思い解約を申し出るも、連絡がつかなくなっています。
そのまま業務停止(?)。行方しれずのまま、報酬は貰えない、登録料も戻ってこないという状況。
ここで初めて詐欺であったことが判明しました。

内職ワークで楽しくお仕事しませんか?
スポンサードリンク
| 気をつけるべき在宅ワーク | - | trackbacks(0) | この記事のURL |